DIYで車の傷修理しませんか

うっかり付けてしまった自動車の傷・凹み。。修理するのは結構高いですよね。

そんな突発的な事故での出費を抑えるための、市販の材料を使ってご自身で修理をする

ことで短時間で安く仕上げる方法・コツをお伝えします。(無理な方は私が作業します)

講師は2級自動車整備士で自動車鈑金塗装歴25年の講師が務めます。

 

傷・凹みの修理代はしまったでは済まないほど高くついてしまいます。

ご自身で修理することで低価格で目立たない状態にすることを目的にします。

 

料金は、材料を持込いただいて、1回12,000円(2〜3時間)

一度に修理する場所は2箇所までです。

一度受けていただけば次回からはご自身でできます。

 

時間は約2〜3時間です(場合により2日かかります)、傷や凹みの具合によります。

大きな傷・凹みは対応できない場合がございますのでご了承ください。

ただ、修理依頼をいただければ、通常の修理での対応は可能です。

 

一度受けていただいた方は2度目以降5000円(1時間)にてサポートもいたします。

 

※ホームセンターなどで材料をご用意いただきます。

  パテ・サフェーサー・塗料(ベースカラー・クリアー・ぼかし材)マスク

 

※ マスキングテープ・マスキング用新聞紙・磨き用コンパウンド・ペーパーヤスリは

  こちらで用意します。

 

※ 通常の鈑金修理とは違い、完全な修理ではありません。

  あくまでも目立たない状態にすることを目的にしています。

 



実際の作業工程

この工程で使用した材料は

ソフト99コーポレーションの

バンパーパテ(うすづけ)、バンパープライマー、ボディーペンプラサフ、シリコンオフ

ボディーペンカラーペイント、ボディーペンクリアー、ボディーペンボカシ剤です。

 

この塗色はパールカラーでクリアー塗装は必要ですが、ソリッドカラーには必要ありません。しかし、ぼかし目を綺麗に仕上げる場合にはクリアーを塗った方が良いと思います。

実際に修理を行った過程です。

時間は2時間ほどです。市販の材料は、パテ、クリヤー塗装で一部硬化剤を入れるものはありますが、基本的にはラッカー系の自然乾燥タイプです。完全乾燥に時間がかかるのと、塗装については、ツヤが残りません。約一週間の乾燥後磨くことで解決ができます。また、市販のものは、細かな調色がなく色味も若干違います。ご了承ください。



パテからと塗装前段階までの写真です。

ここまで範囲の広いものはDIYでは難しいかもしれません。

本格的な鈑金塗装をしてきた講師ならではの修理するときのポイント等をお伝えできればと思います。

綺麗な車は事故を減らします。

事故の少ない社会のためにお役に立つことができればと考え、今回このDIY教室を作りました。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

 


※ 本格的な修理、事故修理、保険修理などもご相談に乗らせていただきます。

講座は、土曜日、日曜日 開催ですです。

(材料の性質上雨天、または極端に気温の低い日は行いません)

完全予約制でマンツーマン指導で行います。


お問い合わせ

 

0568−31−8200

「車の修理のことで聞きたいことがあるのですが」とお伝えください。